ラズパイでラジオ番組を自動録音

Category: Raspberry Pi | 2017/06/20

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
アニメ好きなら必然的にアニラジを聞くようになって、すると今度は音泉と違っていつでも好きな番組が聞けない超A&G+に舌打ちするようになる。
そういえばTV番組を録画するような感覚でラジオ番組を簡単に録音するのはどうやったらいいのか普通に思いつかなかったので、例によってラズパイに録音させるようにしてみた。

下記を元に改造。

agqr.rb
https://gist.github.com/ybenjo/9904543

変更点

  • Raspbian Jessie対応(ffmpegをavconvに変えただけ)
  • オンラインストレージ対応(保存先を変えただけ、要事前認証)
  • 一部のmp3タグに対応(schedule.yamlに項目1つ追加)




gistを使うとソースの管理できるみたいだけどよく分からないのでanonymousで登録してみた。
forkしている人見たらみんな独自の改良加えてて面白い。

超A&G+番組表を見て好きな番組選んでスケジュールに設定。

ラズパイでは権利関係でffmpegが使えないので互換なavconvを使用。

ジャンルのタグにも何か入れたかったが、ラジオ番組ってジャンル何になるんだろう。
正確には曲じゃないしなあ、分類不明。

いつでもどこでも聞けるようにクラウドに自動アップロード。
今回はOneDriveにしてみたが、たぶんGoogleドライブでもDropBoxでも同様にいけると思う。
初回の認証さえなんとかクリアすれば以後はマウント済みフォルダとして普通にコピーが可能なのでスクリプト側で特に対応は必要ないと思う。

【俺メモ】Linuxmint(Ubuntu可)でMicrosft Onedriveを利用する

初代ラズパイなので30分番組のエンコードに15分かかってる。
1番組15MBくらいになった。

参考にした人とうとう番組選ぶのが面倒になったのか、DB使って全番組自動録音もしててびっくり。
専有容量どのくらいになるんだろう、アンリミテッドレコードワークス。
寝てても口座ならぬファイルが無限に増える生活怖い。

pine A64でサーバー構築

Category: Raspberry Pi | 2017/05/24

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
ラズパイ大好きなので、似たような機器も触ってみようかと今回購入したのがpine A64
流行りのクラウンドファウンディング機器で、ラズパイより当時は高性能とのことだったが様々な理由により今はそうでもなくなった。
やはりラズパイと同じく価格は安いんだが輸入になってしまうので結局そこそこの値段になっちゃうのが困り物。
用途に結構制約があって悩んだので検討材料を上げておく。
基本的にラズパイと同様OSイメージをダウンロードしてMicroSDカードに起動可能形式で書き込みすることになる。

  • ubuntu MATE
    デスクトップ環境でWindowsみたいに使うならこれが一番近いと思う。
    多少Linuxの知識が必要だが昔MS-DOSとか使ったことがあるなら十分。
    ブラウザ上でyoutubeとかも全く違和感なく再生できるし、Twitterクライアントもある。
    というか今のPC作業ってほとんどブラウザ上で事足りると思うのでブラウザが動けば万事OKという見解になる。
    問題は出力がHDMIしかないので(変換器はNG)HDMI入力端子のあるディスプレイに限られるということと、ハードウェアアクセラレーションが有効になっていないので、動画ファイルが再生できないこと。(シークバー操作くらいはできるが静止画が表示される)

  • Android
    スマホ用OSという感覚しかなかったんだが、動画を再生するにはこれしかない。
    最適化されていないのかOS起動も操作ももっさりなどという生易しいレベルではなく重すぎてとても使えたもんじゃない。
    しかしメディアプレイヤーが立ち上がってからは軽快なので、スタートアップ起動設定するなどで対応できる。

  • ubuntu
    画面自体不要ならデスクトップ部分をインストールしないubuntuだけを入れればいい。
    電源とLANだけ繋いで起動、設定作業はすべてssh接続で行う。
    コンピュータとして考えるとデスクトップ環境ってのはかなりリソース食うみたいで、これがないだけで当然ながらキーボードやマウスの入力部分も不要だしでCPU性能の割にたくさん仕事してくれて便利。
    今はMinecraftサーバーを構築して動作確認中。
    スマホサイズのワンボードPCと思えないくらいさくさくでびっくり。
    あとはミュージックサーバーで店内BGM垂れ流しにしたり、USBしか持ってないプリンタを共有にしたりNASにもできたりするんじゃないかな。
    電力大して食わないしちょっとした自宅鯖にぴったり。

ubuntu MATEが動画に対応してくれれば万事迷わずこれなんだけど、どうもユーザー数増えないと開発進まない感じ。
興味ある人は是非挑戦してもらいたい。

iPhoneの空き容量を増やす

Category: NET | 2017/03/16

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
いつの間にかiPhoneの空き容量が全然なくなってる。
大してアプリも入れてないし、写真もそんなに撮ってないはずなのにどういうこと?
iTunesで見ると書類とデータが大部分占めてて驚愕。
以前はその他項目がやたら多くなってたイメージだけど、どうやら分類が変わったらしい。
書類とデータとは、要するにアプリで使用したテンポラリとかバージョンアップ時の過去ファイルだと思われるんだが、こういうのはアプリ内で削除メニューもないし、OSでは勝手に掃除しないものらしい。

ネットで検索するとアプリを消して入れ直すとこういうのは削除されるとは書かれてるが、ローカルにデータを保存するタイプのゲームは当然セーブデータごと削除されるのでとてもできるものじゃない。
あと、でかい映画をレンタルしようとしてキャンセルするという方法も紹介されてたりするけど、それも今は無理になっているとのこと。(無料でダウンロードはできないらしい)

ということで応用として、容量のでかい無料アプリをダウンロードしてみた。
洋ゲーのリアルっぽいやつをいくつか調べてでかそうなのを探してみた。
今はアプリの最大容量が2GBから4GBに拡張されたようなので調べればもっとでかいものが見つかるかもしれない。

当然容量不足で警告が出るんだけど、OKなり設定なり押せばOK。
後はOSが空き容量を確保しようと書類とデータを掃除し始めるのでしばらく待つだけ。
ホーム画面で眺めているとアプリのアイコンがちらほら「消去中」というような表示に変わったりして、不要なファイルを削除している様子が確認できる。
表示に一瞬不安になるけどアプリ自体を消しているわけでもゲームのデータを消しているわけでもないので心配しなくて大丈夫。

最後にダウンロード完了したゲームをおもむろに削除すればその分だけ容量が空くという寸法。
完了できなくてもたぶん削除できるものは削除されてそこそこ空き容量が確保できていると思われる。
私はこれで3GBの空き容量を手に入れました!(※効果には個人差があります)
1/353 >>